しらはまウォークガイド

湯崎コース 白浜温泉の歴史にふれる温泉街ウォーク

白浜温泉の中でも最も古い歴史をもつ湯崎地区。「日本書紀」や「万葉集」にも“牟婁の湯”や“武漏の湯”として名前が残っているほどです。
当初は牟婁の湯という名前で、鉛山温泉、その後、湯崎温泉と名前を変えたようです。
古くからの温泉街もホテルなどは近代化されましたが、たち昇る湯気とお土産物屋、夕暮れ時に浴衣で歩く人々など、今も昔も変わらず温泉街ぶりは健在です。

有間皇子之碑~行幸の芝の碑
有間皇子之碑~行幸の芝の碑

湯崎ウォークコースのみどころ

牟婁の湯

白良浜から湯崎方面へ、おみやげ物屋が並ぶ商店街を5分ほど進んで行くと、目の前にトンネルが見えてきます。
海沿いの歩道を通ってカーブを過ぎると、左手に“ゆ”ののれんが見えてきます。ここが牟婁の湯です。その昔、崎の湯とともに、湯崎七湯として数えられた公共浴場は今も健在で、多くの人が訪れます。
まぶ湯とみゆき湯から2種類の源泉をひいており、2つの温泉を楽しめ得した気分です。

牟婁の湯

真白良媛像と高浜虚子の句碑

牟婁の湯で一汗流して進むとすぐ、海沿いに湯崎広場があります。
大きな裸身の美女の像が目に入りますが、真白良媛像です。真白良媛にまつわる悲恋の物語をしのばせるように建っています。少し離れて広場の端に並んでいるのが、高浜虚子が熊野巡遊に訪れた際の句碑です。

真白良媛像と高浜虚子の句碑

行幸源泉

行幸源泉

右手に美しい海を眺めながらさらに堤防沿いの歩道を1分ほど。
白い湯気と、温泉の香りがたちこめます。ここが白浜で最も古い源泉「行幸源泉」です。
白浜の歴史ある源泉をかいま見ることができます。
※湯崎温泉観光株式会社 TEL:0739-42-3031

反対たまご

さらに海沿いに分かれた道は、太平洋に突き出した露天風呂・崎の湯への道です。道を分かれてすぐ、温泉街名物の温泉玉子をいただけるお店に出くわします。
黄身が固まり白身が半熟の温泉玉子で、「反対玉子」と呼ばれており、温泉街ならではの風情です。

反対たまご

崎の湯

崎の湯

道をそのまま進むと、すぐ崎の湯到着です。
この露天風呂は1350年の歴史を誇り、かつて天皇・貴族らが入湯したと伝えられています。
波の響きと潮の香を感じながら入る露天風呂は、太平洋と一体になった気分を味わえるはずです。

開放感あふれる露天風呂での~んびり

行幸の芝の碑

行幸の芝の碑

先ほどの行幸源泉まで来た道を戻り、今度は左側の広い坂道を進みます。右手に見上げると隅にひっそりと建っている行幸の芝の碑です。
かつて仮御所のあった所が、ほとんど畑になってしまっていた様を詠んだ句ですが、今はその面影はもなく、わずかに当時をしのばせるだけになっています。
碑の後ろに立つ大きなホテルには、沖合い100mに立つ海中展望台があります。海面下8mの海底から海の自然を鑑賞できます。

観光スポット検索

目的で探す

  • 見る・遊ぶ
  • グルメ
  • 泊まる
  • お土産
  • 温泉
地図で探す
地図を見る
  • いつまでも心に残る修学旅行・体験学習旅行を 白浜町で感動体験!
  • しらはまウォークガイド
  • 白浜湯めぐり
  • 白浜温泉グルメ 名物クエ
  • 世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道
  • ふるさと納税で白浜へ旅得
  • 白浜町の公衆浴場の料金の変更
  • 合宿は南紀白浜で
トップ&検索へ戻る