白浜温泉グルメ

床ぶし

夏の郷土食材

夏の郷土食材 床ぶしとは

紀南地方では早いところでは5月初めから白浜漁協でも、ふのり・ひじきと、まずは海藻の口開き(解禁)となり、その後に床ぶし・あわびの解禁と続きます。
貝の乱獲防止と資源保護のため、8月末までの漁期限を設けているため一年間でこの時期だけの漁になり、この時期の床ぶし(貝類)はエサとなる海藻をいっぱい食べ、身は丸々と肥え、まさしく貝の旬。
味しいものを食べたい方は、この時期に食べて下さい。最高ですよ!

床ぶしの楽しみ方

地元ではこの時期大潮(潮がよい日)には、磯に出て、床ぶし・あわび・天草と、海の幸を満喫し、休息には、焚き火で獲れたての床ぶしを残こく焼きにして食べるのが、この地方の夏の昔からの食べ方です。
(床ぶしの煮汁をそうめんのつけ汁として食べる方法もあります。

また、たくさん獲れた時には床ぶしのかやくご飯が絶品で、
今回、床ぶし(煮汁のつゆ)のそうめんを郷土料理としました。

床ぶしの楽しみ方

夏の郷土食材

レア度

流れ子

流れ子

アワビの仲間で、アワビをそっくり小型にしたような姿をしている。アワビ類との違いは大きさだけでなく、殻に開いている穴の数が異なり、アワビ類の4~5個に対して本種は6~7個である。 歩く速度が速くて流れるように移動するため、ナガレコ・ナガラメという別名がある。 焼いて、煮て、刺身にしても最高である。

あわび

あわび

何と言っても貝の王様で、この時期のあわびが最高。黒と白があり、どちらかというと黒あわびの方が身がしっかりして好まれることが多い。
刺身にバター焼きに残酷焼きにすると最高。

めいち鯛

めいち鯛

7,8月ごろ脂がのって一番美味しい旬で、肉質は粘りのある弾力性の強い食感白身魚の中でも白身の透明感と白さは天下一品。魚の貴婦人の風格である、水揚げも少なく価格も大変高い高級魚である。

赤っぽ

赤っぽ

7月~10月 夏場の魚のイメージがあり、くえの仲間だけど、最大の体長で40cmぐらいの大きさ。
身のしまりが良く大変上品な味。あまりたくさん水揚げされない。価格も姿も味も高級魚である。薄造り、煮付けに抜群!(別名:アカハタ)

地たこ

地たこ

地元で獲れるタコを地ダコといい、白浜では良く獲れます。おいしいあわびや床ぶしなどを食べているのでおいしさ抜群である。地元ではタコの多い年は貝類が少ないと言われている。大きめなのは刺身に、小さめなのは塩もみしてから塩茹でし、ぶつ切りにして、三杯酢で食べるとめちゃくちゃ美味しい。(別名:マダコ)

赤いか

赤いか

日が沈み、船で沖合で集魚灯をつけるとその明かりに小魚が寄ってくる。その小魚を食べにアカイカが寄って来た時に、疑似餌を使って釣る。夏場の夜釣りで、沖合からの白浜の夜景を見ながら舟上で食べるのが最高の食べ方であり最高の贅沢である。甘いかといわれるくらいに、刺身にして食べると甘味が口の中に充満する。(別名:甘いか)

つめばい

つめばい

地元で獲れる巻貝の中では美味しさは一番、しかし年々獲れる量が少なく、なかなか巡りあえない。海水でさっと湯がいて食べると、肉質は弾力性があって甘い。地元でも幻の貝になりつつある。

天然あゆ

天然あゆ

白浜町には富田川・日置川と2つあり、5月の解禁から鮎釣り師たちの腕の見せ所。
海産・天然遡上の鮎は、釣り上げた時から何とも言えない独特の天然のよい香りがする。

紀州はも

紀州はも

はもは、梅雨の水を飲んで美味しくなると言われ、はもの旬は6月~7月の夏、京都の祇園祭りは、はも祭りと言われるぐらい有名だが、紀伊水道から瀬戸内のはもがおもに使われる。はも料理は当地方でも昔から大変好まれ南高梅の梅肉との相性も抜群である。

地うに

地うに

うにでは北海の馬ふんうにも美味しいが、地うには何といっても鮮度が違う。うには鮮度の劣化が早いので、時間がたつとだんだん旨みが減って来るため、獲れたてのうにの甘みにはかなわない。
地うにに巡りあうのはなかなか難しいが、運が良ければお寿司屋さんなどで巡りあうかも。とれたての美味しさは地元でしか味わえない逸品です。

観光スポット検索

目的で探す

  • 見る・遊ぶ
  • グルメ
  • 泊まる
  • お土産
  • 温泉
地図で探す
地図を見る
  • いつまでも心に残る修学旅行・体験学習旅行を 白浜町で感動体験!
  • しらはまウォークガイド
  • 白浜湯めぐり
  • 白浜温泉グルメ 名物クエ
  • 世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道
  • ふるさと納税で白浜へ旅得
  • 4/29(土)UFOが舞う!?
  • 白浜町の公衆浴場の料金の変更
トップ&検索へ戻る